大阪での会社設立と登記について

大阪でこれから登記するにあたって、何が必要で何を準備しておけばよいのかわからず迷ってしまうことも多いでしょう。
会社設立時に一番登記が苦労したという意見もあるくらい、慎重かつ気を使って進めなくてはいけないものになっています。
はじめての会社設立であればなおさらです。
まずは直接的な会社設立につながる登記についてチェックしてみましょう。

登記とは各都道府県の法務省、または法務局、出張所に登記申請書を作成し届け出ることです。
公証役場にて定款の認証を受けてから順次進めていきます。
法人格を取得するということは社会的責任も大きくなるため、申請するにおいてもしっかりとした書類が必要となります。
そのため多くの書類を細心の注意を払って作成する必要があるため、難しく感じる方も多いのです。

実際に登記の手順を確認していきましょう。
まず代表取締役の銀行口座に各発起人から出資金を払い込んでもらいます。
これが資本金の払い込みとなり、その内容に応じて資本金の払込申請書を作成します。
通帳のコピーと合わせて製本することで払い込みに対する書面が完成となります。

次に発起人の決定書を作成します。
発起人の決定書とは、本店の所在地に対して全発起人が同意し決定したという内容の書面です。
取締役が複数いる場合、設立時役員の就任承諾書を作成する必要があります。
そして取締役全員の印鑑証明書も用意しておきましょう。

ここまでくればようやく設立登記申請書の作成となります。
登記申請書に関してはインターネット上でひな形が配布されていることもありますので参考にしてみるのも良いでしょう。
登記申請書の添付書類として認証を受けた定款、発起人の決定書、取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書、取締役全員の印鑑証明書、前述で作成した払込申請書も必要となります。
資本金が2,200万円以下の場合は15万円分の収入印紙を張り付けた登録免許税、、登記すべき事項を保存したCD-Rまたはメディア、印鑑届出書を準備し書類をまとめて綴じれば完成です。