株式会社設立祝いで贈りたいもの

設立祝い

・株式会社設立の際には設立祝いが大切
自身が会社設立する場合は他の人から祝いをもらうこともありますが、他の人が会社設立をした場合にもこちらから祝いを贈ることが必要です。
本来、祝いに関しては会社や企業のやり取りで常識となっているので、贈られた場合は贈ることが必要となってきます。
普段からお世話になっている人はもちろん、会社設立で関係した場合などは祝いを贈るようにしてください。
一般的なマナーとしては、相手の迷惑にならないものであればなんでも良いです。
しかし、実際に相手がもらって嬉しいものを贈りたいですよね。
実際に喜ばれるものは多々あるので、株式会社設立の祝いを考えている方は、そちらも「何を贈れば良いかな」とチェックしてみてください。

・株式会社設立祝いで喜ばれるもの
意外かもしれませんが、株式会社設立祝いの定番となっているのが現金です。
正直、何を贈れば良いかわからない場合は、現金を贈った方が良い場合もあります。
現金は生々しいと思うかもしれませんが、用途も自由ですので、贈られた方も正直なところ助かることが多いです。
また、その他だと定番としては花や観葉植物が多いですね。
日本では古来から祝いとして贈られてきたのが、花や観葉植物となっています。
太く長く続いてほしいという意味も込めて、丈夫で長持ちする花や観葉植物は喜ばれます。
その他、お酒なども人気で、年代物のワインなどをはじめ、ウイスキーなども人気です。
実用的なものとしては、時計なども人気ですね。
時計の他にも、事務所設備などを贈るとすぐに使えるので、喜ばれるでしょう。
特に近年人気なのが、空気清浄機などのように簡単に使えるものとなっています。
それぞれ何が喜ばれるかはわかりませんが、相手が受け取って嬉しいものを積極的に選んでいくようにしましょう。

・贈り物は気持ちが大切
正直なところ、贈り物に関しては気持ちが大切なので、正解も不正解もありません。
何を贈ったかというよりは、会社設立をしっかりと祝えたかどうかが重要です。
そのため、贈るものに関しては、受け取る側はそこまで気にしていません。
しかし、贈る側からすると贈るものによって気持ちの表現もできるので、上手に相手に気持ちを伝えるためにも、良いものを選ぶようにしてくださいね。
なお、邪魔になるものなどは基本的にNGですので、原則としては実用的なものなどから選んでいくと良いでしょう。