株式会社設立したら挨拶状を

会社設立

ビジネスマナーとして大阪で株式会社設立をしたら、挨拶状を出した方が良いと考えられます。
ただ株式会社設立に際して新しく取引をしてくれたり、情報交換や悩みを聞いてアドバイスをしてくれたり人間関係により助けられることも多く有るものです。
ですから、単にビジネスマナーというだけではなくて、今まで精神的サポートをしてくれた方に対して、株式会社設立の挨拶状を送ることは人としてのマナーと言えます。
ではどのタイミングで株式会社設立の挨拶状を送るのが正解なのかというと、一般的には営業開始日の一週間前には先方に届いているのが良いとされているようです。
しかし会社設立日と営業開始日というのは違うので、その点で勘違いしないように注意する必要があります。
ちなみに会社設立日というのは法務局に登記申請をした日で、株式会社という器が出来上がった日を指して、営業開始日というのは営業を開始した日で、実際に事業がスタートできる日のことを指すのです。

株式会社設立の挨拶状を作成するときのポイントですが、会社設立時の会社情報はしっかりと挨拶状に入れておきましょう。
その理由は、今後も引き続き良好な関係を保つためや、どのような事業しているのかを伝えることで、相手が設立した会社のサービスを思い出してくれる可能性があるからです。
ですから株式会社設立の挨拶状には、最低でも会社名・事業内容・社長の紹介・本店住所・電話番号とFAX番号・メールアドレスなどの情報は載せておくと良いでしょう。
また株式会社設立の挨拶状は、関係のある周囲の方々に自分たちのことを知らせるのには良いツールになるので、他とは一味違う挨拶状を工夫して作ってみるのもひとつの方法です。
例えば、株式会社設立した時に雑誌の対談のような記事仕立てにした挨拶状を送って見るのも良いでしょう。
人は意外と物語が好きで、これまで何をしてきて、なぜ株式会社設立をしようと思ったのかなどは興味を引くことになりますし、それが共感できるものなら応援してくれる人を集めることにもつながるのです。
厳密に考えると挨拶状とは言えませんが、簡単な文章で決まったフォーマットに沿った無味乾燥な挨拶状を送るよりも、良いか悪いかは別にしてインパクトは強いものになります。
決して無理してやる必要はありませんが、その方の人間性などを感じられる工夫はしても良いと言えることです。
大阪で株式会社設立の挨拶状を出すのなら、他とはちょっと違う工夫を凝らした挨拶状に挑戦してみても良いと言えます。