会社設立法人口座の銀行選び

初めて大阪で会社設立を行う際に欠かせないのが銀行の法人口座です。
会社設立を行う、つまり法人格が認められるとその人格のための銀行口座が必要となります。
経営者や発起人個人の口座を使うことは原則としてできないと考えたほうが良いでしょう。
法人口座を持つことで会社の信用度も大きく変わってきます。
法人口座を作ることはどのように行っていけば良いのかをチェックしてみましょう。

法人口座を開設するには必要な書類があります。
まずは登記簿謄本、認証を受けた会社の約款、代表取締役の印鑑証明書、代表者印、法人口座の銀行印、その他本人確認証明書などが必要になることがあります。
法人口座を取得する際に注意したいのが登記簿謄本が必要ということです。
この登記簿謄本に関しては登記申請を行ってから1〜2週間後程度経てば取得することが可能です。
準備が遅れると開設も遅れてしまうので注意が必要です。
また法人の銀行印も必要となりますのであらかじめ作成しておくと良いでしょう。

実際に必要な書類を集めてから法人口座を開設しようとするとおおよそ1ヶ月間を見積もっておく必要があります。
まず申し込んでから2週間は審査期間となります。
そこから手続きが進むため1ヶ月間程度の時間が必要になるのです。
もし会社設立時から入出金を行うのであればスケジュール感を意識しておくことになります。

基本的には法人口座はどの銀行でも開設可能です。
都市銀行だけではなく、信用金庫やネットバンクなどでも開設することができます。
しかし手間もかかるため開設する銀行についてはよく検討しておく必要があるでしょう。
大手銀行やメガバンクなどは利用者も多く、取引先からも信頼を得やすいというポイントがあります。
しかし振込手数料が高いことや法人口座開設の際の審査が厳しいなどといった側面もあります。

大阪でこれから会社を立ち上げる際には地方銀行も選択肢に入るでしょう。
地域で利用者が多い銀行はメリットがあり、なおかつ融資の際に審査が通りやすいという面もあります。