会社設立のために実印を準備しよう

会社設立に対してネガティブなイメージを持たれている方も多いかもしれません。
会社設立はとても難しい、手続きに必要な書類がたくさんある、そもそも経営していくことが困難などなど様々なマイナス要因を持ってしまうこともあるでしょう。
しかし会社を立ち上げる、法人化することはメリットもたくさんあります。

その中でも会社を立ち上げる上で欠かせないのが実印ではないでしょうか。
法人用の実印、そして経営者本人の実印は設立時にこそ揃えたいものです。
どのような実印が必要になるのかをあらかじめチェックしてみましょう。

会社設立時には法人用の実印が必ず必要になります。
なぜかというと会社を立ち上げるために必要な書類に判を押すためです。
その他にも法人用の銀行口座を開設する際にも必要となります。
実際には法人の実印だけでも会社を登記することは可能ですが、印鑑をそろえておくと今後のスムーズな業務のためにもメリットがあるといえるでしょう。

まず法人の実印を準備しておきましょう。
登記のために必要となる印鑑であり、3センチ以内に判が収まるものが良いとされています。
次に銀行印を準備しておきましょう。
銀行をはじめとした金融機関の法人口座を開設するために必要となる他、小切手や手形を発行する際にも用いられます。
必要となる場面が多いため欠かさず準備しておきたいですね。
そして社印も準備しておきましょう。
社印とは会社の書類に判を押すための印鑑であり、請求書や領収書などに使います。

最後にゴム印もぜひ準備しておきましょう。
ゴム印とは会社の情報や商号、代表者名や電話番号などが記された印鑑です。
各書類などに記載する手間を省くために使用することがあります。
また封書で送付物を送る際などにも用いられることがあります。
意外と出番の多いゴム印も作っておくと頼りになります。

この他に代表者の印鑑が無い場合にはぜひ用意しておくことをおすすめします。
印鑑もしっかりと準備して会社設立を行いましょう。