株式会社設立祝いで贈りたいもの

設立祝い

・株式会社設立の際には設立祝いが大切
自身が会社設立する場合は他の人から祝いをもらうこともありますが、他の人が会社設立をした場合にもこちらから祝いを贈ることが必要です。
本来、祝いに関しては会社や企業のやり取りで常識となっているので、贈られた場合は贈ることが必要となってきます。
普段からお世話になっている人はもちろん、会社設立で関係した場合などは祝いを贈るようにしてください。
一般的なマナーとしては、相手の迷惑にならないものであればなんでも良いです。
しかし、実際に相手がもらって嬉しいものを贈りたいですよね。
実際に喜ばれるものは多々あるので、株式会社設立の祝いを考えている方は、そちらも「何を贈れば良いかな」とチェックしてみてください。

・株式会社設立祝いで喜ばれるもの
意外かもしれませんが、株式会社設立祝いの定番となっているのが現金です。
正直、何を贈れば良いかわからない場合は、現金を贈った方が良い場合もあります。
現金は生々しいと思うかもしれませんが、用途も自由ですので、贈られた方も正直なところ助かることが多いです。
また、その他だと定番としては花や観葉植物が多いですね。
日本では古来から祝いとして贈られてきたのが、花や観葉植物となっています。
太く長く続いてほしいという意味も込めて、丈夫で長持ちする花や観葉植物は喜ばれます。
その他、お酒なども人気で、年代物のワインなどをはじめ、ウイスキーなども人気です。
実用的なものとしては、時計なども人気ですね。
時計の他にも、事務所設備などを贈るとすぐに使えるので、喜ばれるでしょう。
特に近年人気なのが、空気清浄機などのように簡単に使えるものとなっています。
それぞれ何が喜ばれるかはわかりませんが、相手が受け取って嬉しいものを積極的に選んでいくようにしましょう。

・贈り物は気持ちが大切
正直なところ、贈り物に関しては気持ちが大切なので、正解も不正解もありません。
何を贈ったかというよりは、会社設立をしっかりと祝えたかどうかが重要です。
そのため、贈るものに関しては、受け取る側はそこまで気にしていません。
しかし、贈る側からすると贈るものによって気持ちの表現もできるので、上手に相手に気持ちを伝えるためにも、良いものを選ぶようにしてくださいね。
なお、邪魔になるものなどは基本的にNGですので、原則としては実用的なものなどから選んでいくと良いでしょう。

株式会社設立したら挨拶状を

会社設立

ビジネスマナーとして大阪で株式会社設立をしたら、挨拶状を出した方が良いと考えられます。
ただ株式会社設立に際して新しく取引をしてくれたり、情報交換や悩みを聞いてアドバイスをしてくれたり人間関係により助けられることも多く有るものです。
ですから、単にビジネスマナーというだけではなくて、今まで精神的サポートをしてくれた方に対して、株式会社設立の挨拶状を送ることは人としてのマナーと言えます。
ではどのタイミングで株式会社設立の挨拶状を送るのが正解なのかというと、一般的には営業開始日の一週間前には先方に届いているのが良いとされているようです。
しかし会社設立日と営業開始日というのは違うので、その点で勘違いしないように注意する必要があります。
ちなみに会社設立日というのは法務局に登記申請をした日で、株式会社という器が出来上がった日を指して、営業開始日というのは営業を開始した日で、実際に事業がスタートできる日のことを指すのです。

株式会社設立の挨拶状を作成するときのポイントですが、会社設立時の会社情報はしっかりと挨拶状に入れておきましょう。
その理由は、今後も引き続き良好な関係を保つためや、どのような事業しているのかを伝えることで、相手が設立した会社のサービスを思い出してくれる可能性があるからです。
ですから株式会社設立の挨拶状には、最低でも会社名・事業内容・社長の紹介・本店住所・電話番号とFAX番号・メールアドレスなどの情報は載せておくと良いでしょう。
また株式会社設立の挨拶状は、関係のある周囲の方々に自分たちのことを知らせるのには良いツールになるので、他とは一味違う挨拶状を工夫して作ってみるのもひとつの方法です。
例えば、株式会社設立した時に雑誌の対談のような記事仕立てにした挨拶状を送って見るのも良いでしょう。
人は意外と物語が好きで、これまで何をしてきて、なぜ株式会社設立をしようと思ったのかなどは興味を引くことになりますし、それが共感できるものなら応援してくれる人を集めることにもつながるのです。
厳密に考えると挨拶状とは言えませんが、簡単な文章で決まったフォーマットに沿った無味乾燥な挨拶状を送るよりも、良いか悪いかは別にしてインパクトは強いものになります。
決して無理してやる必要はありませんが、その方の人間性などを感じられる工夫はしても良いと言えることです。
大阪で株式会社設立の挨拶状を出すのなら、他とはちょっと違う工夫を凝らした挨拶状に挑戦してみても良いと言えます。

会社設立の必要書類!税務署は?

会社設立01

会社設立の時の必要書類のうち、税務署に提出しなければならない書類には、どんなものがあるのでしょうか?
今回は、会社設立後に、税務署へ提出が必要になる書類について、詳しく解説していきます。

会社設立後2ヶ月以内に、管轄の税務署へ提出する必要のある書類は、法人設立届出書です。
こちらは、法人を設立したことを税務署に届け出る書類となっています。
2ヶ月以内という期日がありますので、この記述を超えるとペナルティが科せられる場合がありますので注意しましょう。

後は、給与支払事務所等の開設届出書という書類を、同じく税務署に届け出なければいけません。
こちらは、最初の給与支払日までに届ける必要があるため、開業してから1ヶ月で届け出なければいけないものです。

最後は、青色申告承認申請書を、会社設立後3ヶ月以内に届け出る必要があるのですが、こちらは義務ではありませんので、期日があっても、後々提出して承認を受ける事も可能です。
青色申告で確定申告を行うと、最大で65万円までの青色申告特別控除を、所得から差し引くことができます。

また、最大で9年間損失の繰越控除が可能ですので、起業したばかりの会社だとかなり助かることになります。
青色申告をする時には、青色申告専用のソフトがありますので、そちらを必ず導入するようにしましょう。
もしくは会社や税理の会社に申告をお願いするのも一つの方法です。

これら三つの書類が、主に会社設立後に税務署に提出する書類です。
ここからは会社設立後に届け出る書類ではありませんが、今後の確定申告のために用意しておくべき決算書についての説明をしたいと思います。

決算書も青色申告での確定申告の時に、税務署に提出しなければならない書類ですので、必ず作成してしておくようにしましょう。
決算書には、基本的な書類が四つあります。

まず一つが賃借対照表(バランスシート)と呼ばれる書類で、会社のお金がどこで調達されてどのように使われたのかを示す書類になります。
また、損益計算書という損失と利益を記録した書類を併せて提出することになります。

他には現金の流れを記録したキャッシュフロー計算書や、株主の資本がどのように使われたかを表す株主資本変動計算書など、計4種類の書類をまとめて確定申告の時に提出しなければなりません。
また、会社が設定した決算日に決算公告として、世間に公表する必要があります。
投資家は、この決算公告を見て、会社の財務状況を把握し出資するかどうかを極める材料にします。
このように税務署に提出するべき書類が複数ありますので、忘れないように用意しておきましょう。

会社設立での仕訳

会社設立

会社設立にかかった費用は経費にできますが、そのために必要なのが仕訳です。
これが初めての会計になる方はよく覚えておくといいですが、仕事のために必要だった経費はただ経費として計上すればいいのではなく、仕訳をきちんとしないといけません。

仕訳とはその費用の分類をすることです。
経費はその種類ごとにわけて小計していくのですが、このときにその出費の種類ごとに適切な分類をすることを仕訳といいます。
会社設立にかかった費用も経費にするにはこれをきちんと仕訳しないといけません。

これをどうするのかというと、会社設立にかかった費用は創立費で処理します。
基本的にこれで処理できることがほとんどですから対応は比較的簡単です。
本来ならその費用ごとに適切な仕訳を調べる必要がありますが、会社設立ならそのような対応があまり必要なく、基本的に創立費で処理できるのです。

会社設立のときにかかる費用で、創立費として処理可能な費用の例をいくつかご紹介しましょう。
まずは会社設立そのものにかかる手数料や費用などです。
株式会社の設立なら公証役場での手数料5万円や、登記のときの登録免許税15万円などは必ず必要になる基本的な費用です。
紙の定款を作ったときは収入印紙代として4万円も必要になりますね。
これら法定費用の仕訳は創立費でOKです。

これら手続きを専門家に委託することもあるでしょう。
税理士・司法書士・行政書士など多くの専門家がこれに対応しています。
依頼すると自分で手続きする必要がなくなる代わりに費用がかかりますが、これも仕訳は創立費でOKです。

そのほか会社設立に向けて関係者で集まったときにかかった交通費や飲食費、その他会場の利用料なども必要経費に含められます。
自分で手続きをしたときにかかった公証役場や法務局までの交通費も同じく費用になりますね。
これら仕訳はやはり創立費となります。
会社設立時の基本的な仕訳となりますから覚えておくといいでしょう。

そしてこの仕訳をするときによく覚えておきたいのが、創立費として処理できるのは会社が設立できるまでにかかった費用になることです。
設立が終わったあとに発生した費用を創立費には含められません。
ただし、設立が終わってもまだ営業開始にはなっておらず、それに向けて準備を進めている段階もあるでしょう。

これも実質的に会社設立費用に感じられるでしょうが、これら費用を仕訳するときは開業費で処理します。
これは会社設立が終わったあと、営業開始までにかかった費用を処理する科目です。
このような専用の科目がそれぞれありますから会社設立費用を処理するときは間違えないように仕訳してください。

大阪で会社設立後のサポートなら

大阪で会社設立、つまり登記申請が完了したら誰もがホッと一安心となってしまうでしょう。
でも実はまだまだやることがいっぱいあることを忘れないようにしなくてはいけません。
その中にはすぐに手を付けなくてはいけないものもあるのです。
まずはやることをチェックし、順序良く手続きを行うようにしていくと良いでしょう。
“大阪で会社設立後のサポートなら” の続きを読む

会社設立法人口座の銀行選び

初めて大阪で会社設立を行う際に欠かせないのが銀行の法人口座です。
会社設立を行う、つまり法人格が認められるとその人格のための銀行口座が必要となります。
経営者や発起人個人の口座を使うことは原則としてできないと考えたほうが良いでしょう。
法人口座を持つことで会社の信用度も大きく変わってきます。
法人口座を作ることはどのように行っていけば良いのかをチェックしてみましょう。
“会社設立法人口座の銀行選び” の続きを読む

会社設立のために実印を準備しよう

会社設立に対してネガティブなイメージを持たれている方も多いかもしれません。
会社設立はとても難しい、手続きに必要な書類がたくさんある、そもそも経営していくことが困難などなど様々なマイナス要因を持ってしまうこともあるでしょう。
しかし会社を立ち上げる、法人化することはメリットもたくさんあります。
“会社設立のために実印を準備しよう” の続きを読む

大阪での会社設立時の資本金とは

大阪での会社設立、特にはじめての方であればなるべく安く手間をおさえて行いたいと考える方もいるのではないでしょうか。
実際に資金繰りに苦しむ起業家、経営者も少なくありません。
多くの方が税金などの負担を軽減するために会社設立を考えているでしょう。
そのような方であれば会社の資本金については悩まれることもあるのではないでしょうか。
会社法の改正時には資本金1円からの会社設立ができることも大きな話題となりました。
これから設立するにあたってどの程度の資本金が必要なのかをチェックしてみましょう。
“大阪での会社設立時の資本金とは” の続きを読む

大阪でのオフィスの選び方

会社設立を進めていく上で気になることのひとつとしてオフィスをどうするのかという問題です。
会社設立の際にも会社の所在地を決めて登記する必要があります。
実際に創業準備に追われてしまいオフィスを決めないままに会社を立ち上げてから困ってしまったという方もいらっしゃるようです。
オフィス選びは実は大きな問題になることも多く、創業する前にある程度決めておくのが良いでしょう。
これから大阪で会社を立ち上げる方に対してオフィスの選び方を確認しましょう。
“大阪でのオフィスの選び方” の続きを読む

大阪での会社設立と登記について

大阪でこれから登記するにあたって、何が必要で何を準備しておけばよいのかわからず迷ってしまうことも多いでしょう。
会社設立時に一番登記が苦労したという意見もあるくらい、慎重かつ気を使って進めなくてはいけないものになっています。
はじめての会社設立であればなおさらです。
まずは直接的な会社設立につながる登記についてチェックしてみましょう。
“大阪での会社設立と登記について” の続きを読む